前へ
次へ

イタリアンとフレンチの違いを知っておこう

キッチンスタッフとして働きたい場合、イタリアンとフレンチはどう違うのかわからないという人も少なくありません。
しかし、実はさまざまな部分で違いが出てくるため、事前に確認を取って求人情報に応募することで入ってから戸惑わずに済みます。
まずイタリアンといえばオリーブオイルをメインとしていることが多く、さまざまな料理に使いますが、オリーブオイルだけではなく、オリーブの実なども使っていることが多いです。
対してフレンチの場合酪農王国となっているため、乳製品がメインとなっています。
バターや生クリームなどを利用することが多く、ソースに生クリームやバター、チーズを使っていることが多いです。
特にフレンチではソースをメインとした料理が少なくありません。
対してイタリアンの場合、地中海に面しているためか、素材を生かした形で調理をすることが多いです。
ハーブやニンニクといった香辛料を使うことがメインとされています。
更にどちらも小麦を使った主食とされていますが、フレンチではパンが多く、イタリアンではパスタやピザ、まれにパエリアのような米が出てくることが一般的です。

Page Top